敏感肌にオススメの保湿クリーム

subpage1

今まで使っていた化粧品や洗剤に肌が触れたら赤みが出た、ピリピリしたという場合、肌のバリア機能が低下してしまい敏感肌になっている可能性があります。
敏感肌は肌が弱っている状態ですので、いつも使っていた化粧品や洗剤、衣類の接触など些細なことでも肌が敏感に反応してしまいます。

水分と油分が少なくなっているため肌が上手に保護できずに、ちょっとした変化にも感じやすくなることから、低刺激なスキンケア用品を使って肌の水分と油分を補って肌を保護することが必要となります。

おすすめの敏感肌の化粧水の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

敏感肌にオススメの保湿クリームの選び方としては、まず保湿成分配合かを確かめます。
水分と油分を補い、潤いを保ってくれる成分が入っているかをチェックしていきます。



ヒアルロン酸やコラーゲンなど様々な種類がありますが、特に保湿効果の高いセラミドが配合されているものがオススメです。



セラミドにも種類がありますが、浸透力に優れた高い保湿作用のあるヒト型セラミドが特に効果的だとされています。
それ以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、スフィンゴ脂質、リン脂質などの成分が複数バランスよく配合されているものが高い保湿効果を期待できます。


また、保湿クリームの中に肌の負担になりやすい成分が入っていないことも重要です。


アルコールや合成香料などは種類や配合量によって肌の負担になってしまうためなるべく避けたほうが無難です。
保湿クリームは様々なものがありますが、使う場合には必ずパッチテストを行うことが大切です。